SHARE THE ROAD

日本では、歩行者・自転車・バイク・クルマのそれぞれが、

自分たちの権利を主張し、異なる交通手段を使う者に対する

敵意とも取れる思いに満ち溢れていないか?

 

Imagine all the people 想像してごらん、すべての人々が

Sharing all the world  世界を分かち合っていると・・・

 

You may say “ I’m a dreamer”

But I’m not the only one

I hope someday you will join us

And the world will live as one                    

 

 ジョン・レノン 「イマジン」

道路は誰のものでもなく、みんなのもの

 

共有していると考えれば、自ずと使う他者に対しての意識が芽生えます。

 

意識していれば、事故は減り、移動はもっと楽しくなる。

 

この言葉は、一人一人の意識が、自分たちの生活を変えるということを教えてくれます。

Saturday cycling Club

​「Share the Road」を合言葉に、自転車のある生活を提案する倶楽部

不定期に国内・海外でのサイクリング企画を実施しています。

株式会社 Rin project | Rin project Co,.ltd     COPYRIGHT (C)  Rin project Co,.ltd ALL RIGHT RESERVED.